2020.01.20

看護管理者教育

看護管理者教育として、看護長や看護主任への研修をしています。
今回は、看護長を対象に、「人材育成と人事評価」についての研修をしました。グループディスカッションでは、経験の浅い看護長や経験のある看護長で意見交換を行うことで、若い看護長は先輩看護長の意見から学び、先輩看護長は若い看護長から新たな気づきへと繋がりました。

2019.12.23

院内認定コース:クリティカルケア終了しました

セクションの看護の質向上を目的に、院内認定制度を設けています。
今年度「緩和」「クリティカル」「認知症」の院内認定研修を終了し80名以上のスタッフを育成しました。
これからは部署のスタッフの育成や自分自身のスキルアップのために、これからの活躍を期待します。

2019.12.12

看護主任への教育

当院の看護主任は、看護長の指揮の下に、看護長の業務を補佐する役割があります。時に看護長不在時の代行をしたり、看護実践におけるリーダーの役割を果たす役割を持っています。
今回は看護主任への教育を行いました。目指す看護管理者としてのイメージをみんなでディスカッションし、自分たちが目指す看護管理者になれるよう考える機会となりました。
研修終了後は、さらに役割が発揮できるよう取り組んでいきます。

2019.11.29

ベッドサイドの看護倫理「ベッドサイドに潜む看護倫理」

2年目や3年目の看護師を中心に、看護倫理の研修をおこないました。日々患者に寄り添い看護する中でさまざまな倫理的なジレンマを抱えます。今回の研修を通して、自己の体験を振り返り、倫理的な問題について考えることができました。

2019.10.28

お知らせ 糖尿病重症化予防研修 (フットケア)開催のご案内

2019年11月23日および24日に糖尿病重症化予防(フットケア)研修を当院にて開催いたします。この研修は、糖尿病合併症管理料算定条件である適切な研修の要件を満たしています。ご応募はQRコードまたは下記アドレスよりアクセスし、必要内容をご入力の上送信下さい。皆さまの参加、お待ちしています。
申込みアドレス:hp1-n-is@fujita-hu.ac.jp  
【申し込み時の記載内容】
・氏名、生年月日、年齢、性別、職種、実務年数
・施設名、施設所在地、電話番号番号
・連絡先(電話番号)
・携帯電話以外のメールアドレス

2019.10.25

対象者別教育「産休明け研修」

 妊娠初期や産休前、育児休暇明けの看護職員に対し3ヶ月に1回定期的に研修を予定しています。今回は6月から9月に育児休暇から復帰した職員に対し、育児と仕事の両立の工夫や、様々な悩みについて先輩看護師からアドバイスがありました。
 昼食もみんなで食べて、講師に迎えた先輩看護師だけでなく、受講生が助言をするなど活発な意見交換ができました。頑張るママさんをみんなで支えます。

2019.10.05

サンクスカード発行

先輩看護職員から新人看護職員に向けてメッセージカードを発行しました。先輩看護師が新人看護職員一人一人の良い部分や成長した部分を書きました。新人看護職員は、普段指導ばかりでなかなか成長した部分を言えない先輩からのメッセージに喜んだり、頑張っている姿を先輩が見ているとわかり嬉しそうにしているスタッフもいました。
なかなか手紙で伝える機会がないですが、みんなよく頑張っていますよ!

2019.10.02

「効果的なOJTに導く教育方法」研修実施

看護技術実践の役割モデルとなり指導的な役割が求められるスタッフに対し、効果的なOJTの実践や、役割モデルとしてのあるべき姿についての講義がありました。自己の体験を振り返りながら良き指導者について活発な意見交換ができる研修になりました。

2019.09.14

院内認定コース

今年度から院内認定コースとして「認知症ケア」「緩和ケア」「クリティカルケア」の3つのコースを開催しました。年間5回の講義を受けると院内認定として各領域に特化した実践や指導ができます。大学病院だけでなく、ばんたね病院や七栗記念病院からも受講生が来て研修を受け、看護の質の向上に向けて取り組みます。

2019.09.10

診療補助研修

 約150名の診療補助に対し、1回に30名程度集まり研修を行います。研修では、感染管理や安全管理、個人情報の取り扱いなど2時間の講義と1時間は数人の看護長も加わり診療補助の業務改善にむけた協議が行われます。部署を超えた交流が活発な意見交換となり、リフレッシュにもつながっています。

1 / 41234