看護師としての土台をつくる、一人ひとりに寄り添った新人教育

看護部では、OJT(現場実践)、OFF-JT(集合教育)、自己啓発(eラーニング教材での学習など)を繰り返してレベルアップを図るスパイラル学習法を取り入れています。それぞれの学びを関連づけることで相互理解を深め、より効率的に成長することができます。

新人看護師「ルピナース」

FUJITAでは新人看護師をルピナースと呼び、名札にバッジを付けることで周りが配慮できる環境を整備。
また、新人専任の教育担当者が年間教育計画に基づき、個人の進捗に合わせた丁寧な指導を進めています。

新人教育キャリアアップモデル

  4月 5~8月 9~12月 1~3月
目標 社会人としての基本姿勢を身につけ、基本的看護技術を修得する 日勤業務の中で、安全・確実に看護を実践することができる 24時間を通した患者の状態変化や療養上の支援を念頭に、安全・確実に看護を実践することができる 指導・支援を受けながら、チームメンバーとして看護を実践することができる
OJT
日常生活援助をメインに修得
  • バイタルサインの測定
  • 清潔ケア、食事・排泄援助
  • ベッドメイキング、環境整備
  • 夜勤研修1回 など
新規入院患者を担当する
  • 入院患者の情報収集
  • 輸液管理および注射の実施
  • 外用薬の投与
  • 夜勤研修1回、日中研修2回(5月)など
術後患者を担当する
  • 各種処置や検査の介助(気管内吸引やドレーン管理など)
  • 周術期患者の看護
  • 患者への保健指導 など
重症患者を担当する
  • 人工呼吸器管理
  • 死後の処置 など
OFF-JT
  • 中央オリエンテーション
  • 段階に合わせて、接遇研修、ユニット研修、ハートリフレクションなどの集合教育を実施
[5-8月]アナムネーゼ聴取

OJT

[5-8月]アナムネーゼ聴取

[9-12月]ドレーン管理

OJT

[9-12月]ドレーン管理

[1~3月]人工呼吸器対応

OJT

[1~3月]人工呼吸器対応

ハートリフレクション

OFF-JT

ハートリフレクション

自分が目指す看護を明確にするため、入職したあと、1年の間に同僚と学びを定期的に共有する活動です。